album of the year 2017

1. U2 / Songs of Experience 

U2を聴くきっかけになった出来事を、今もはっきりと憶えている。高1の時に「ブラーの新作が良いです」と書いて出した連絡日誌に、担任の教師が「僕はU2の新作『POP』が楽しみです。毎日ロッキング・オンを読んでワクワクしてます」と返事をしてくれたことだ。こまっしゃくれてクソ生意気だったタケナカ少年が数少ないながらも出会えた、敬愛すべき教師、ナカガワ先生。連絡日誌に勉強のことを一切書かなくても何の小言もなく、連絡日誌に音楽のことを書いた時はいつもより返事がちょっと長かった、ナカガワ先生。奥さんとの出会い、奥さんへの愛を、照れながらもまっすぐに語ってくれた、ナカガワ先生。そんな先生が大好きなバンド、U2を、僕も聴いてみようと思ったのです。

あれから20年が経ちました。先生、今も元気にしていますか。先生が大好きだったU2を、僕もあれから20年聴き続けてきました。あれから20年経って発表されたU2のニューアルバムを聴くたびに僕は、先生と話した時のことを思い出すのです。

「Love is all we have left」

「Get out of your own way」

「Love is bigger than anything in its way」……

ニューアルバムでボノが歌っていることが、先生が僕に伝えてくれたことと、重なって聴こえてくるのです。先生が、このニューアルバムをどんな顔をして聴いているのかを想像します。瞼を涙でいっぱいにしてこのアルバムを聴いている、そんな先生が目に浮かんできます。そんな先生を思い浮かべながら僕は、瞼を涙でいっぱいにしてこのアルバムを聴いているのです。先生が大好きだったU2のことを、あれから20年が経って、ついに僕も大好きになったんだと、そう思うのです。

「You're the best thing about me」

出会って20年が経っても、会わなくなって20年近くが経っても、僕は先生と出会えたことを、僕の人生の中で最高の出来事のひとつだと思っています。そんな経験が出来た幸せを、あの頃の僕のような誰かに、照れながらもまっすぐに伝えられる、いつか僕にも、そんな日が来るといいな。

ソングス・オブ・エクスペリエンス(初回限定ソフトパック仕様)

ソングス・オブ・エクスペリエンス(初回限定ソフトパック仕様)

 


U2 - You’re The Best Thing About Me (Official Video)

 

2. For Tracy Hyde / he(r)art

 

ハート

ハート

 

For Tracy Hyde - 2nd Album『he(r)art』 Trailer

 

3. Lana Del Rey / Lust for Life

 

ラスト・フォー・ライフ

ラスト・フォー・ライフ

 


Lana Del Rey - Love

 

4. Julie Byrne / Not Even Happiness

 

ノット・イヴン・ハピネス [歌詞・対訳・解説付き / 国内盤]

ノット・イヴン・ハピネス [歌詞・対訳・解説付き / 国内盤]

 


Julie Byrne - Follow My Voice

 

5. St. Vincent / Masseduction

 

マスセダクション

マスセダクション

 


St. Vincent - New York

 

6. Melanie De Biasio / Lilies

 

リリーズ

リリーズ

 


Melanie De Biasio - Gold Junkies

 

7. Noel Gallagher's High Flying Birds / Who Built The Moon?

 

フー・ビルト・ザ・ムーン?(初回生産限定盤)(DVD付)

フー・ビルト・ザ・ムーン?(初回生産限定盤)(DVD付)

 


Noel Gallagher’s High Flying Birds - Who Built The Moon? Official Album Trailer

 

8. The xx / I See You

 

I See You [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (YTCD161J)

I See You [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (YTCD161J)

 


The xx - On Hold (Mercury Prize Performance)

 

9. Cloud Nothings / Life Without Sound

 

ライフ・ウィズアウト・サウンド

ライフ・ウィズアウト・サウンド

 


Cloud Nothings - "Modern Act" (official music video)

 

10. Suchmos / The Kids

 

THE KIDS(DVD付)

THE KIDS(DVD付)

 


Suchmos - A.G.I.T. [Official Music Video]

album of the year 2015

病める時も健やかなる時も、どんな時もとにかく、とにかく生きているという、そのことだけは肯定したいなと、そんなことを思いながら過ごすことが多かった1年でした。

 

1

ボトムオブザワールド

ボトムオブザワールド

 


eastern youth「街の底」ミュージックビデオ

 

2

恋愛小説

恋愛小説

 


原田知世 - 夢の人 (I've Just Seen a Face)

 

3

Valentine

Valentine

 


ACO "未成年" (Official Music Video)

 

4

カレンシー・オブ・マン~出逢いの記憶~

カレンシー・オブ・マン~出逢いの記憶~

 


Melody Gardot - Preacherman

 

5

YOU ARE THE WORLD

YOU ARE THE WORLD

 


ゆるめるモ!(You'll Melt More!)『id アイドル』(Official Music Video)

 

6

ナタリー・プラス

ナタリー・プラス

 


Natalie Prass - Bird of Prey

 

7

ラッキーオールドサン

ラッキーオールドサン

 


ラッキーオールドサン『ミッドナイト・バス』(Official Music Video)

 

8

RAINBOW(初回限定盤)(DVD付)

RAINBOW(初回限定盤)(DVD付)

 


エレファントカシマシ「RAINBOW」Music Video (Short Ver.)

 

9

グーン

グーン

 

www.youtube.com

 

10

Music Complete[ボーナストラック収録 / 国内盤] (TRCP200)

Music Complete[ボーナストラック収録 / 国内盤] (TRCP200)

 


New Order - Singularity (Official Audio)

album of the year 2014

1

「1」【初回限定盤】

「1」【初回限定盤】

 

2014年に最も僕の心に響いた音楽であり、つまり、2014年で最も素晴らしかった私小説としての音楽。

一言一句違わず、本当にその通りだと思う。この作品がキャリアベストになることを彼が望んでいるのかどうかもわからないけれど、この作品が現時点での彼のキャリアベストなのは、事実として否定のしようがない。

もしかしたら、バンドマジックは、彼に降りてこなかったのかもしれない。だけど音楽の神様は、彼に憑りついて離れない。いやもしかしたら、彼に憑りついて離れないのは、音楽の神様じゃなくて、音楽という名の悪魔なのかもしれない。


ドレスコーズ - スーパー、スーパーサッド - YouTube

 

2

PASTEL

PASTEL

 

17年前に17歳でスーパーカーってバンドのクリームソーダって曲に出逢った時の胸の高鳴りを、今でも鮮明に憶えている。その胸の高鳴りは、17年たった今も少しも色褪せていないし、これから17年たっても色褪せることはない。そして今年、恋する円盤ってバンドの春の嵐って曲に出逢って、あの頃と同じような胸の高鳴りを、これからずっと色褪せないって確信できる胸の高鳴りを、また感じられた。

17年前に17歳で出逢ったスーパーカーってバンドのスリーアウトチェンジってアルバムの帯に書いてあって、その時は正直よくわからなかった言葉がある。17年たった今、恋する円盤ってバンドのPASTELってアルバムを聴くと、その言葉が、胸にスッと落ちてくる。

僕は確かに生きていて、まだ優しくあることが出来ている。

今年この曲に17歳で出逢って胸を高鳴らせている若者がいたら、こう伝えたい。その胸の高鳴り、これからずっと色褪せないんだよ。君は、確かに生きているんだよ。


春の嵐 / 恋する円盤 - YouTube

 

3

光のなかに立っていてね *通常仕様

光のなかに立っていてね *通常仕様

 

銀杏BOYZ / 光のなかに立っていてね ・ BEACH - 長い手紙

そして今日、ミナミからメールが来たんだよ。ヨシヒコ、僕らが出逢ったあの寮が、僕らが青春を過ごしたあの寮が、僕らの青春の代名詞と言っていいあの寮が、ついに閉鎖されるんだってさ。

僕らの青春はどんどん終わっていって、僕らは否応なしに大人と呼ばれる年齢になっていって。

僕は、うまく青春を終わらせられているんだろうか。僕は、うまく大人になれているんだろうか。


銀杏BOYZ - 光(PV) - YouTube

 

4

I’m Here

I’m Here

 

初めて聴いた時、泣いているのかと思った。2回目に聴いた時、泣いているように歌っているんだと思った。どんどん聴き込んで、歌っているんだと思った。泣くよりも強い感情を、歌うことで表出しているんだと思った。歌と生きている人なんだと、そう思った。


田中茉裕 "ゆるして(demo)" - YouTube

 

5

ゴースト・ストーリーズ

ゴースト・ストーリーズ

 

ロッキング・オン誌の年間ベストアルバムなんですってね。良いじゃないですか。素晴らしいですもん、このアルバム。世界の中心でこんなにも赤裸々に愛を欲すること、誰にでもできることじゃない。


Ink - Coldplay - YouTube

 

6

Can’t Be Forever Young

Can’t Be Forever Young

 

世界は言い過ぎにしろ、日本の音楽シーンでは中心近くに力んで陣取って久しい彼ですが、この人の良さってのは、そこでよりもむしろ、世界の隅っこで脱力気味に歌うことで発揮されるタイプのそれなんじゃないかって、このアルバムを聴いていると、そう思います。年末に出たライヴ盤も素晴らしかったです。


Gotch(後藤正文)『Humanoid Girl / 機械仕掛けのあの娘』 Music ...

 

7

志磨遼平さんが渇望してついぞ手に入れられなかったバンドマジックって、マリアンヌ東雲さんが率いるこのバンドのようなそれなんじゃないかって、3年前に知って以来アルバムリリースごとにこのバンドのライヴに通っていると、そう思う。3年前~今のキノコホテルの音楽、「チキン・ゾンビーズ」~「ギヤ・ブルーズ」期のミッシェル・ガン・エレファントの音楽を髣髴とさせる勢いで、強くなっている。マリアンヌ東雲さんを抜きにしてもバンドが成立させるのではと思わせるバンドメンバーの成長と、それでもまるで衰えないマリアンヌ東雲さんの圧倒的存在感。キノコホテル、理想のバンドだと思う。


キノコホテル - Fの巡回 - YouTube

 

8

フェイクワールドワンダーランド

フェイクワールドワンダーランド

 

僕の住んでいる田舎の町では、普通に生活していれば昔の友達や昔の恋人を見かけたりする。時には言葉を交わしたりする。時にはすれ違ったりする。だけど、田舎の町に住んでいる僕が東京で出逢ったあの人とは、逢うことも、言葉を交わすことも、すれ違うことも、きっともうできない。そういうことを踏まえて、この曲を聴く。

「あなたに出逢えた この街の名は、東京」。


きのこ帝国 - 東京 (MV) - YouTube

 

9

FLY(初回生産限定盤)(DVD付)

FLY(初回生産限定盤)(DVD付)

 

「 エニィタイム ダンス!」

こう銘打たれたこのアルバムを、僕は1人の部屋で、とてもダンスとは言えないようなへんちくりんなタコ踊りをしながら聴いていることが多かったんだけど、このアルバムの楽しみ方として、きっと間違っていないと思う。というか、そもそも音楽の楽しみ方に間違いなんてないんじゃないかってことを、このアルバムを聴いていると、こんな僕でも思う。思うというより、感じる。PVに合わせて楽しく踊るのも良いし、タコ踊りだって良い。心踊ること。心を踊らせること。それが、「エニィタイム ダンス!」ってことなんだって、へんちくりんなタコ踊りをしながら、僕は感じる。


YUKI 『誰でもロンリー』 - YouTube

 

10

Hurt

Hurt

 

13年前にこのバンドに出逢った時は、しっかりと想像していなかった。1度解散して再結成した彼らの音楽を、あれから13年たった今も、あの頃と同じように大切に聴いている自分がいること。あれから13年たっても、彼らの音楽を切実に必要としている自分がいること。あれから13年たっても、彼らの音楽と適切な距離をとって生きられる、そんな自分になれなかったこと。

僕はとうとう、完全にわかってしまった。13年前に出逢ったこのバンドと、17年前に出逢ったスーパーカーってバンド、この2つのバンドの音楽と言葉は、自分の細胞に流れ込んで決して抜けきることはないってことに。そしてきっとこれからも僕は、

傷つけながら傷つきながら 気付けないまま歩いていくのさ。


syrup16g - 生きているよりマシさ (MV) - YouTube